We are 川崎フロンターレ 中村憲剛涙の初タイトル あのレプリカのシャーレはないよね

サッカーJ1最終節。

川崎フロンターレが大宮アルディージャに5−0で快勝。

一方、首位鹿島アントラーズはジュビロ磐田とスコアレスドロー。

勝ち点で川崎と鹿島が勝ち点で並びましたが、得失点差で川崎フロンターレが初優勝。

 

永遠のサッカー小僧、中村憲剛選手がピッチに倒れ込み号泣。

感動的なシーンでした。

 

 

 

 

 

試合の方は、鹿島対磐田を見ていました。

堅守で知られるジュビロ磐田。

絶対に勝たないといけない鹿島は、最終節の相手が悪かったですね。

 

ジュビロの守備はオーソドックスなもので。

最近は、サンフレッチェ広島や浦和レッズのように自陣深くでもボールを保持したらつなぐサッカーが主流ですが。

ジュビロはタッチラインに逃れたり。

大きくクリアしたりと。

いい意味で割り切ったリスク管理ができており。

危なげがありませんでしたね。

 

そして、高い位置からプレスをかけてボールを奪い速攻。

クソみたいに狭いところでつなぐサッカーではなく。

サイドチェンジやドリブルでの突破も織り交ぜた攻撃は見事。

 

久しぶりにジュビロの試合をみたのですけど。

すごく、おもしろかったです。

俊さんを中心に、しっかりとした守備は見ていてため息がでるほどでした。

 

 

 

 

一方。

鹿島アントラーズは、アナウンサーのかたもおっしゃってましたが。

焦りというか。

鹿島らしさがなかったですね。

開始早々、鹿島の知性、西大伍選手が負傷交代したのは痛かったですね。

かわりに出場した伊東幸敏選手は素晴らしい活躍をしましたが。

メンタル的に西選手の抜けた穴は大きかったように思います。

遠藤選手がやけに下がったりしていましたし。

 

攻撃陣は金崎夢生選手をはじめ、皆素晴らしいプレーをしたと思いますが。

ジュビロのゴールキーパー、カミンスキー選手がまさに神ってましたね。

今日は運が悪かったとしか言いようがないです。

 

 

それにしても。

中村充孝選手をベンチ外、永木選手を控えに回して。

負けちゃったんですから。

大岩監督の指揮に、文句はつかないのでしょうかね?

知らんけど。

 

 

 

 

フロンターレの優勝セレモニー。

レプリカのシャーレが話題になっているみたいですね。

2位のチームだから仕方ないとはいえ。

あれはちょっとねぇ・・・

 

 

 

さて、明日は名古屋の昇格をかけたプレーオフの試合がありますが。

社畜の私は安定の休日出勤と。。。

しょんぼり(´・ω・`)